そろそろトレースに慣れてきましたか?

慣れてくると今度はトレースのスピードを気にするようになってくると思います。

 

なるべく短い時間でトレースしたい!

作業効率を上げたい!

 

今回はそんな願いを叶える魔法の技を伝授します。

 

その名も

「イラストレーター反転技」

※技名は管理人が勝手に呼んでるだけで正式名称ではありません。

 

トレースする元絵によっては作業時間を半分にできます。

 

さっそく始めましょう。

まずはトレース用下絵を用意しましたので保存してください↓

heart_iradeza

 

保存できたら新規ドキュメントを開いて画像を配置。

配置したレイヤーをロックしてトレース用の新規レイヤー作成。

 

ここまではトレース準備編になりますが、詳しくはトレースの秘術その1の前半で説明してますので分からない人はそちらを読んでください。

 

トレース準備ができたらツールパネルの「ペンツール」に切り替えましょう。

ペンツール点

 

切り替えたらハートの左半分だけトレースしてください。

ハート半分トレース

 

半分だけトレースできたら「ダイレクト選択ツール」に切り替えます。

ダイレクト選択ツール

 

 

切り替えたらハートの中心になっているアンカーポイント2個を選択してください。

ハート2つのアンカーポイント選択

 

選択できたらメニューバーの「オブジェクト」→「パス」→「平均(Alt+Ctrl+J)」

平均

 

すると「平均オプション」が出てくるので「垂直軸」を選択して「OK」

垂直軸にしてOK

 

すると2つのアンカーポイントの垂直軸が揃います。

アンカーポイントの垂直軸が揃った

 

垂直軸を揃えたらハートの左半分を「選択ツール」で選択してください。

ハート左半分のみ選択

 

選択できたらツールパネルにある「リフレクトツール」に切り替えます。

回転ツール長押しすると出てきます。

こちらが今回の主役ツールです。

リフレクトツール

 

 

切り替えたらこの「リフレクトツール」のアイコンをダブルクリック。

リフレクトツールダブルクリック

 

 

するとリフレクトツールオプションが出てくるので「垂直」を選択して「コピー」

リフレクト垂直からOK

 

 

ここではOKではなく必ず「コピー」にしてください。

ハートを垂直コピー

コピーするとこんな感じになります。

 

 

コピーできたらすぐに「ダイレクト選択ツール」に切り替えます。

切り替えたら下記の図を参考にハートの形にくっつけてください。

 

ダイレクト選択ツールでアンカーポイントをくっつける

 

上手くできればちゃんとハートの形になります。

くっつけ完了

この形にならなかった人はもう一度良く読んで何度も試してみましょう。

 

最後はパスを合体させます。

 

ハートを選択状態にしてから

パネルの「パスファインダ」を探してください。

見つかったら一番左に「合体」がありますので「Altキー」をおしながらクリックしましょう。

パスを合体

 

これで合体完了です。(2017.2.13/修正しました)

Altキーを押しながらワンクリックすると、
合体ではなく【複合シェイプ】の状態になります。

 

じつはここでAltキーを押さずに「合体」をクリックだけでもOKですが、

合体すると「Ctrl+Z」以外では元に戻せません。

 

でも複合シェイプの状態なら、いつでも解除してパスを元に戻すことができます。

解除したいときは、「パスファインダパネル」の右上にある▼の部分をクリックしましょう。

「複合シェイプの解除」というメニューが出てくるので、そこをクリックで簡単に解除できます。

便利な小技なのでぜひ覚えておきましょう^^

 

※コメント欄でここの処理で中央線が表示されるとの情報を頂きました※

 

******なぜ中央線が表示されてしまったの?

中央線が出てしまったのは、【まだ確定していないから】です。

※環境によっては表示されない場合もあります※

実際問題、手順通りにやってれば今回の中央線に関してはなにも問題視する必要ないですが、なんかムズムズしますよね。


その場合はAltキーは押さずに合体をクリックしてください。

まれに1回のクリックでは中央線が残る場合がありますが、これはわたしも原因不明で、勝手にイラレの小バグだと思ってます^^;(原因を知ってる人がいたら情報提供おねがいします!)


大抵は2回目の合体クリックで合体を確定できるので、中央線が残る場合は何回か合体をクリックしてみてください。

******ここまで

 

これで左右のパーツが1つのハートになりました。

 

この方法を使えば

左右対称の下絵ならトレースは半分だけでOK!

となります。

 

リフレクトコピーから合体までは慣れればすぐ出来ちゃうので

実質、作業時間が半分にできる魔法の裏技です。

 

ですのでトレースしてる途中に左右対称な部分があった時は

積極的に反転技を使っていきましょう。

 

これで作業効率が格段にアップできます!

 

反転技修得完了

 

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク