みなさんはチェス盤をご存じですか?

白と黒い四角が交互に配置されたチェック柄の盤です。

今回はそのチェック柄を描くテクニックを紹介します。

※実際のチェス盤のマス目は8×8ですがここでは7×7のマスで解説します。

 

チェック柄完成

目指す完成形はこちら。

 

さっそく解説していきます。

新規ドキュメントを開いて「長方形グリッドツール」に切り替えて下さい。

直線ツールを長押しすると出てきます。

※画像はCS4のツールパネル

長方形グリッドツール

 

 

切り替えたらドキュメント内の何もない場所をワンクリックしてください。

 

すると長方形グリッドツールオプションが出てきますので

サイズの幅と高さを「100mm」

水平方向の分割と垂直方向の分割を「6」に設定して

外枠に長方形を使用のみチェックを入れて「OK」

長方形グリッドツールオプション

 

↓ ↓ ↓

グリッド誕生

 

7×7マスのグリッドが描けたのが確認できたらツールパネルの「ライブペイントツール」へ切り替えてください。

ライブペイントツール

 

切り替えたらグリッドの上にカーソルを持って行ってください。

するとクリックしてライブペイントグループを作成と表示されるのでクリック。

クリックしてライブペイントグループを作成グリッド

 

クリックすると1マスが光りはじめます。

カーソルを移動すると移動先のマスが光ります。

※下の画像の赤い四角の部分をここでは「光る」と表現しています。

ライブペイント光彩

 

塗りを「黒」に設定してください。

塗りを黒

設定できたら一番右上のマスを光らせてクリックすると着色できます。

ライブペイント1マス着色

 

このままチェック柄になるように1マスあけて着色していきましょう。

ライブペイントチェック柄

 

こんな感じに黒を塗れたら今度は塗りを白にしてください。

塗り白

そのままライブペイントツールで白い部分を白で塗りつぶしましょう。

今は見た目が白ですが実際は透明になっていますのでしっかり白で塗りつぶす必要があります。

塗りが透明なので影響される

白く塗らないと上図のように背景色が入ると透けてしまいます。

 

塗り残しが心配な人は背景に色を置くと間違いないです。

ここでは背景にオレンジを置いてみました。

チェック白塗り背景色あり

 

これで全部塗れました。

 

完成です!と言いたいところですが拡大してみると…

黒の比率が多い

黒い線の分だけ黒い部分の比率が多いです。

ここではしっかりプロの技を教えてますので黒と白の比率を同じにします。

 

メニューバーの「オブジェクト」→「分割・拡張」

分割拡張

 

分割・拡張オプションが出てくるので3つ全部チェックを入れて「OK」

分割拡張OK

 

そのままメニューバーの「オブジェクト」→「グループ解除」を2回繰り返す。

必ず2回繰り返してください。

グループ解除

 

すると「線だけ」と「塗りだけ」にグループが分かれますので

選択ツールで塗りだけを選択(線は未選択)してオブジェクトをロックします。

ロックの方法はメニューバーの「オブジェクト」→「ロック」→「選択」

塗りだけ選択してロック

オブジェクトロック選択

 

最後にツールパネルの「グループ選択ツール」に切り替えます。

ダイレクト選択ツール長押しで出てきます。

グループ選択ツール

 

 

グループ選択ツールに切り替えたら下の図を参考にドラッグして選択してください。

ドラッグ選択の時に一番外枠の線には絶対に触れないようにしてください。

赤丸から青丸へドラッグ選択

 

選択できたら「BackSpaceキー(Mac/deleteキー)」で線を削除。

ぱっと見あまり変わらないように見えますが拡大してみて下さい。

拡大同比率確認

白と黒が同比率にキレイに配置されてますね。

これがプロのデータの作り方です。

 

最後は全てをロック解除しましょう。

オブジェクト全てをロック解除

 

ロック解除できたらチェック柄の塗りと線を両方選択した状態でグループ化しましょう。

グループ化

 

グループ化できたら完成です。

チェック柄完成

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク