文字をだんだん大きく完成

 

文字がだんだん大きくなっていくデザインは良く目にすると思います。

このテクニックはとっても簡単です!

ライバルに差を付けられないように完全にマスターしておきましょう!!

 

 

まずは新規ドキュメントを開いて文字を打ちましょう。

ここでは「文字をだんだん大きくする方法」と打ちました。

文字をだんだん大きく

 

エンペローブオプションの精度が100になっていることを確認して下さい。

メニューバーの「オブジェクト」→「エンベロープ」→「エンベロープオプション」

エンベロープオプション2

 

 

確認出来たら、文字を選択した状態

メニューバーの「オブジェクト」→「エンベロープ」→「ワープで作成」

エンベロープワープで作成

 

 

するとワープオプションが出てきますので「プレビュー」にチェック。

ワープオプション

 

 

これでワープオプション適用後の形がプレビューとして表示されるようになります。

何も数値を動かさなければ今文字がアーチになってると思います。

そこで数値を変えましょう。

カーブを0%、水平方向を50%へ変更できたら「OK」。

ワープオプションだんだん大きく

 

 

するとこんな感じに変形したプレビューが表示されました。

文字をだんだん大きくプレビュー

 

 

これだと少し分かりにくいので

バウンディングボックスの一番下中央の□をクリックしたまま下に伸ばしましょう。

バウンディングボックスを下に広げる

 

これで文字がだんだん大きくなってくように見えました!

文字をだんだん大きくOK

 

たったこれだけです。

とっても簡単ですね!

 

エンベロープ後は必ず後処理をしましょう。

メニューバーの「オブジェクト」→「分割・拡張」

分割拡張そのままおっけー

 

 

あとは自分の好きなように水平方向の数値を変えたり、バウンディングボックスの大きさを変えたりして調節してください。

 

このテクニックはひとつだけ注意が必要です。

エンベロープオプション適用後は書体の変更ができません!

 

エンベロープ処理をする前にどの書体を使うのか必ず確定させておきましょう。

ここを忘れてるとまたやり直す必要があるので二度手間になります。笑

 

あとはテクニックとして

文字の行間をなるべく詰めておくと綺麗に見えます。

 

行間の詰め方は文字間隔を調節するプロ技テクニックを参照してください。

 

文字をだんだん大きく完成

 

文字をだんだん大きくするテクニックは以上になります。

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク