スーパーのチラシや漫画で良くみるギザギザの吹き出しを描きたいと思ったことはありますか?

ペンツールで描くこともできますが、それだと中々キレイな形になりません。

今回はキレイかつ早くギザギザな吹き出しを描くテクニックを解説します。

 

今だけブログ購読無料

今回目指す完成形はこちら。

ピンクのギザギザ部分です。

 

さっそく解説していきます。

新規ドキュメントを開いて楕円形ツールに切り替えて下さい。

ツールパネルの長方形ツールを長押しすると出てきます。

楕円形ツール

 

 

するとアイコンが

楕円形ツールアイコン

こんな形に変わります。

 

 

楕円形ツールに切り替えらえたら下の図を参考に円を描いて下さい。

「Shiftキー」を押しながら作業すると正円が描けます。

クリックしながらドラッグ

 

円が描けたら「変形パネル」の数値を変更してだいたい8cmくらいの大きさにしてください。

その方が今後の解説が分かりやすいです。

 

次は円を選択した状態でメニューバーの「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」

パスの変形ジグザグ

 

 

するとジグザグのオプションが出てきます。

ジグザグオプション変更

上の図の赤丸をつまんでスライドさせるとジグザグの大きさが変わります。

青丸をスライドさせると折り返しが増えます。

ポイントは「直線的に」を選んで「プレビュー」にチェックを入れて下さい。

 

ジグザグ適用

大きさを8mm、折り返しを5に設定するとこんな感じにプレビュー表示されます。

自分好みの大きさと折り返し数を選んだら「OK」をクリック。

 

ジグザグ適2

ジグザグの吹き出しが完成しました。

 

仕上げの処理としてジグザグを選択した状態

メニューバーの「オブジェクト」→「アピアランスを分割」をしておきましょう。

これでパスとして扱えるようになります。

アピアランスを分割

 

 

あとはカラーを変えて自分好みに仕上げるだけです。

上に文字を乗せればスーパーの「大売り出し!」みたいに目立たせることができます。

大売り出し

 

角度や縦横の比率を変えるともっと目立たせることができます。

バウンディングボックスやシアーツールを使って色々ためしてみましょう。

当ブログの他のページで解説しているシアーツールとフチをつけるテクニックを組み合わせると下の図のようなデザインが簡単にできます。

 

 

今だけブログ購読無料

 

当ブログ、イラストレーターでデザインしよう!は

一生無料で購読可能です!!!

 

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク