シアーツールを使って文字に影をつけるテクニックはもう読みましたか?

今回はその応用編となります。

 

シアーツール上へドラッグ完了

目指す最終形はこちら。

 

このテクニックを使いこなせたらちょっとカッコ良いですね。

デザイナーには必須のテクニックとも言えるので是非覚えて下さい。

 

それでは解説していきます。

新規ドキュメントを開いて「IRADEZA」と文字を打ってフォントを「Arial」の「Black」に設定してください。

Arial Blackがない場合は太いゴシックならなんでもいいです。

IRADEZA文字だけ

 

文字を選択した状態でメニューバーの「編集」→「コピー」

編集コピー

 

そのまま「編集」→「前面へペースト」

オブジェクト前面へペースト

 

見た目は変わりませんが

これで前面と背面に同じ文字が重なった状態になりました。

 

一度選択を解除して前面の文字だけ選択してカラーをK35(CMYK)のグレーにしてください。

カラーをグレーK35へ

文字の色が変わりました。

 

そのままツールパネルの「リフレクトツール」を選んでください。

リフレクトツール

 

前面のグレー文字を選択したまま

リフレクトツールのアイコンをダブルクリックしてください。

リフレクトツールダブルクリック

 

するとリフレクトツールのオプションが表示されますので

「水平」を選択して「OK」

リフレクトオプション

 

 

すると後ろから光を当てられたような影のような感じにできたと思います。

リフレクトツール水平適用直後

ただこれだけだとちょっと影っぽさが足りないのでシアーツールで角度をつけましょう。

 

ツールパネルの「シアーツール」を選択。

シアーツール

 

グレーの影の部分になっている文字を選択した状態で

「Shiftキー」を押しながら起点より右側をクリック→右へドラッグ。

シアーツール説明

 

シアーツール適用後

 

ここでさらに角度をつける事によって

より影っぽさを出したいと思います。

 

前面と背面の文字両方を選択した状態

シアーツールの起点を文字の左下辺りに設定してください。

シアーツールで何もない場所をクリックすると起点をクリックした場所へ変更できます。

シアーツール起点を変更

 

左下に起点を設定できたらシアーツールで下の図を参考に上へドラッグ(クリックしたまま動かす)してください。

シアーツール上へドラッグ

↓ ↓ ↓

シアーツール上へドラッグ完了

バランスの良さそうな場所でドラッグをやめるとこんな感じになります。

起点の場所やマウスドラッグの加減で好きな角度にできます。

 

背景に電球などの光源を配置するとそれっぽく見えたりします。

 

IRADEZA部屋で影つき

こんな感じに。

文字薄すぎてどうやって立ってるんだって話ですが。

 

影をマスターするとデザインに深みが出せますので

シアーツールをいじり倒してシャドウマスターになりましょう。

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク