今回は文字の大きさと位置をバラバラに配置するテクニックの解説です。

 

文字をバラバラに配置完成カラー

 

目指すべき完成形はこんな感じです。

 

新規ドキュメントを開いて「文字をバラバラに配置」と文字を打って下さい。

文字をバラバラに配置

 

今回のテクニックでは、文字はなるべく太い方が良いので

小塚ゴシックproの太さ「H」を適用します。

文字をバラバラ小塚H

 

適用できたら、文字を選択した状態で「書式」→「アウトラインを作成」

文字のアウトラインを作成

 

覚えとくべきショートカットキー

「文字のアウトライン」

・Shift+Ctrl+O (Shift+Command+O/Mac)

 

 

すると、文字をパスとして扱うことが可能となります。

拡大してみるとパスになっているのが分かりますね。

文字アウトライン拡大

 

このパス化した文字をグループ解除します。

「オブジェクト」→「グループ解除」

グループ解除

 

覚えとくべきショートカットキー

「グループ解除」

・Shift+Ctrl+G (Shift+Command+G/Mac)

 

グループを解除すると、文字を1つ1つ個々に選択できるようになります。

ためしに文字の「文」を選択して拡大してみてください。

文だけ大きく

こんな感じで文だけ大きくできましたか?

 

 

さらに「文」の場所を少し上にずらしてみましょう。

文だけ上に

簡単に上にずれましたね。

 

ここからは自身のセンスの発揮どころです!

文字を1つずつ選択していき、大きさや配置を変えていきましょう。

文字を回転させるのもいいですね。

文回転

 

さて、自分の思い通りに配置できましたか?

デザインに正解はありません。

自分の思いのままに大胆に配置してください。

 

私はこんな感じで配置してみました。

 

文字バラバラ配置

 

文字と文字と少しくっつけるのもアリですね。

今回は全部横にバランスを考えて配置しましたが

上下左右、縦横無尽に配置が可能なのであとはあなたのセンス次第で

すばらしい文字配置が完成します。

 

文字バラバラ配置2

ここまで大胆に配置すればとても前衛的なデザインができそうです。

 

当然、色を付けることも簡単にできます。

文字バラバラ配置カラー

 

グラデーションを付けるとまた印象が変わりますね。

文字をバラバラに配置完成カラー

 

大きさ、配置、カラー。

色々試してみると楽しいです。

 

今回のテクニック解説は以上になります。

 

参考になった!ありがとう!

と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。

管理人が大変喜びます!

 

⇒こちらから他のイラストレーターのプロ技テクニックも見れます。

あまり知られたくないのですが、

ここまで読んでくれたあなただけに、デザイナーが”こっそり”使ってる激安印刷サイトを教えます。

もしあなたが5,000円でデザイナーに依頼してる名刺がたった「500円」で作れたらどう思いますか?

※デザイナー側は絶対に知られたくない業者なので、他言厳禁でお願いします。

その印刷業者がこちら↓


スポンサードリンク